長野計器

代表挨拶

代表挨拶

依田恵夫

長野計器の歴史は、圧力計測技術の歴史でもあります。当社は、1896年に創業し、1948年の会社設立を経て現在に至るまで「技術立社」を標榜し、圧力計・圧力センサのリーディングカンパニーとして、品質・性能に対するユーザー各社から厚い信頼のもと、産業界のインテリジェンス化に対応し、圧力計測から計測制御技術へと製品ラインナップを拡げてまいりました。また、米国の大手圧力計測機器メーカーのアシュクロフト社を完全子会社化したことを始め、海外戦略を積極的に展開し、現在では米国の他、アジアや欧州にも当社の製品を届けるべくその販売網を拡大しております。
近年の世界的潮流であります、グリーンイノベーション関連の産業においても、圧力計測制御は欠かすことのできない要素であり、当社は未来の地球環境のために責任をもってその一翼を担っております。

代表取締役社長 依田恵夫