長野計器

品質への取組み

品質への取組み

長野計器は世界品質でお届けします。

圧力部門で国内第1号のJCSS登録事業者

世界品質

1998年、上田計測機器機工場は、圧力部門で我が国第1号のJCSS登録事業者(登録番号0080)の登録を受け、国家標準に基づく校正システムを確立しています。重錘型圧力計、デジタル圧力計、機械式圧力計の3種類で、JCSS校正業務を担い、国内トップクラスの最高測定能力を誇っています。また、校正証明書が国際的に受け入れられるILAC-MRAの認定も取得しています。

世界基準 当社品質保証部計量標準課は、認定基準としてJISQ17025(ISO/IEC17025)を用い、認定スキームをISO/IEC17011に従って運営されているJCSSの下で認定されています。JCSSを運営している認定機関(IAJpan)は、アジア太平洋試験所認定協力機構(APLAC)及び国際試験所認定協力機構(ILAC)の相互承認に署名しています。

品質マネジメントシステムISO9001、ISO/TS16949取得

品質マネジメントシステムISO9001:2008を上田計測機器工場、丸子電子機器工場で取得、丸子電子機器工場では自動車業界用品質マネジメントシステムISO/TS16949:2009の認証も取得しています。
今後はこのマネジメントシステムの趣旨である継続改善の実施、品質パフォーマンス、顧客満足の向上、そして事業拡大に結びつく活動を展開していきます。

※ ISO/TS16949とは:欧州・米国の自動車メーカー、自動車業界団体により構成されたIATF(国際自動車タスクフォース)とISO/TC176(品質管理と品質保証専門委員会)により作成された、ISO規格の前段階となる技術仕様書の形態をとった国際規格。