コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンスの状況

基本的な考え方

 当社は、経営の透明性を高めるとともに、社是及び企業理念の実現に努め、当社グループの持続的成長と中長期的な企業価値の向上を図ることがコーポレートガバナンスの役割であると考え、基本的な考えをまとめた「コーポレートガバナンス・ガイドライン」を制定いたしました。

コーポレートガバナンス・ガイドライン(2018年12月14日改定) (pdf形式,168KB)

企業統治の体制

企業統治の体制の概要

 当社は、監査役会設置会社であり、取締役会の効率化と取締役に対する業務執行への監督及び監査役会による監視機能を図るため、以下の企業統治の体制を採用しております。
1.取締役会
(1)  目的
 取締役会は、株主に対する受託者責任を踏まえ、経営の意思決定と監督機能により中長期的な企業価値の向上に努めるべく以下の役割等を果たしております。
 企業理念を踏まえ、経営戦略の策定、経営資源の配分等の方向性を慎重に議論したうえ、中期事業計画及び事業計画を策定し、取締役社長及び取締役が中期事業計画のもと業務執行を進めるうえで生じる経営課題とリスクを管理し、その克服に向け助言を行っております。
 独立かつ客観的な立場から取締役社長及び取締役に対し経営戦略の策定、経営資源の配分等の方向性につき助言を行っております。
(2)  権限
 取締役会は、原則毎月1回以上開催され、法定事項を含む重要事項について審議及び決定を行い、取締役の業務執行を監督しております。

2.監査役会
(1)  目的
 監査役会は、常勤監査役の持つ高度な社内情報収集力と社外監査役の強固な独立性を有機的に組み合わせ、監査の実効性を高める体制としております。
(2)  権限
 監査役会は、監査役監査基準に監査役の職責と心構えを定め、それぞれの監査役がこれを実践するように促しております。監査役は、取締役会等の会議への出席により経営監視機能を果たしております

3.経営委員会
(1)  目的
 「取締役会規程」及び「経営委員会規程」により、取締役の迅速かつ適正な意思決定を図っております。
(2)  権限
 取締役会附議案件については、事前に審議を行い、「経営委員会規程」による附議案件は決議を行っております。

4.執行役員会
目的・権限
 当社は、執行役員制度を採用し、業務執行取締役が執行役員に対して指揮・監督を行っており、執行役員会は、会社の重要な執行業務に関する事項を審議しております。

5.内部統制委員会
(1)  目的
 内部統制委員会は、内部統制制度の充実を図ることを目的に設置されております。
(2)  権限
 会社法に定める「業務の適正を確保するための体制」及び金融商品取引法における財務報告に係る内部統制を整備するとともにその運用を行っております。

会社の機関・内部統制の関係を図表で示すと次のとおりであります。

組織図

当社は東京証券取引所に「コーポレート・ガバナンスに関する報告書」を提出しております。

コーポレート・ガバナンス報告書 (pdf形式,4.67MB)